2008年10月07日

介護保険施設の指定基準

介護保険施設の指定基準について知りたい方もいるでしょう。

介護保険施設には、施設の設備やスタッフの数、運営といった基準が設けられています。

最初にその種類ですが、介護保険施設には「介護老人保健施設」、「介護老人福祉施設」、「介護療養型医療施設」の3種類があります。

まず、介護老人保健施設は、介護保険法に基づいた開設許可が必要で、施設で必要となる医療は、介護保険を使うことができるようです。
入院をして治療をするほどでもないが、リハビリや介護を必要とする方が利用する施設になります。

この介護保険施設の指定基準ですが、療養室に関しては、一人当たり畳で換算すると約5畳以上の広さを必要とするようです。

訓練室は一人当たり1畳弱、談話室や食堂は一人当たり2畳弱を確保するように指定基準を設けられています。

人員指定基準は、そこを利用している方百人につき、常に常駐している医師が最低一人、看護師を最低九人確保していなければならないようです。

そして、介護をしてくれる職員は最低二十五人、リハビリスタッフ最低一人、ケアマネージャー最低一人を、この施設は確保しないといけないようです。


次に「介護老人福祉施設」ですが、老人福祉法で認められた特別養護老人ホームになります。

特別養護老人ホームでは、そこで受けた医療の全てに医療保険が使えるようです。
この施設を利用できる方は、常に介護を必要としていて、自宅での生活が難しい状態の要介護者になります。

特別養護老人ホームの指定基準ですが、居室は一人当たり約6畳を確保することになっているようです。

医務室や食堂、リハビリ室は2畳弱という指定基準が決められています。
ただ、食堂とリハビリ室は、支障がなければ同じ場所で行っても良いとされているようです。

介護保険施設の指定基準は、その施設によって異なってきます。
介護スタッフの数も、この指定基準によって決められています。
ですから、どこの施設を利用しようか検討するときに、指定基準を参考にすると良いかもしれません。

介護保険施設の指定基準はネット上に公開されていますから、一度、チェックを入れてみてはいかがでしょうか。
posted by sakuragai at 09:37| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。