2008年10月07日

有料老人ホーム

介護保険特定施設とは、どのようなところなのか、どのようなサービスを提供してくれるのか、知りたいという方もいるのではないでしょうか。

介護をしてくれるケアハウスやや有料老人ホームが、介護保険特定施設になるようです。

介護保険特定施設では、入浴や食事、排泄といった介護などを行ってくれます。
また、日常生活を送る上で必要となる体の機能の訓練なども行ってくれるようです。

介護保険において、介護保険特定施設は住居と位置づけられています。
介護保険特定施設である有料老人ホームには、様々なホームがあります。
介護保険において入所者の介護を認められている有料老人ホーム、また、介護が必要となった場合には介護を受けられる施設へと移動する有料老人ホームもあるようです。

そして、有料老人ホームには、普段は住宅として住み、介護が必要となったら訪問介護などを受けることのできるところもあるのだとか。
ですから、有料老人ホームを選ぶ際には、自分がどのようなサービスを必要としているのかを良く考えて選ぶと良いでしょう。

また、介護する家族が有料老人ホームを選ぶ場合もあると思います。
自宅から近い有料老人ホームなどを選べば、家族が頻繁に通うことができるので、高齢者も寂しい思いをしなくても済むかもしれません。

有料老人ホームの気になる利用料ですが、入居一時金として数百万円必要になる場合もあるようです。
我が家にも有料老人ホームのチラシが入ってきたりするのですが、それを見ると、決して安い費用ではないと思ってしまいます。
それに加えて、月々の費用がかかるようです。

ですから、有料老人ホームを選ぶ際には、慎重になったほうが良いと思います。
以前、有料老人ホームの経営が難しくなってしまい、そこに住んでいた高齢者の受け入れ先を探すのが大変だというようなことがあったように記憶しています。
このようなことを避けるためにも、有料老人ホームを選ぶ際には、様々な情報を集めることをお薦めします。

今はインターネットの時代ですから、ネットを活用すれば有料老人ホームについての情報も、簡単に収集できると思います。

有料老人ホームを選ぶ際のポイントですが、何よりそこに住んでいる高齢者が楽しく暮らしていることが重要でしょう。
posted by sakuragai at 09:55| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。