2008年10月07日

食費の軽減方法

介護保険施設の食費は大変気になるところでしょう。

三度の食事にかかる費用がかさんでしまうと、施設を利用することが難しくなってしまう場合もあるかもしれません。

介護保険施設の居住費や食費は、基本として自己負担となります。
食費は、保険給付の対象外となるからです。

ただ、地方自治体では、介護保険施設の食費や居住費について、負担を軽減する処置が取られているようです。

とある地方自治体では施設の食費や居住費に、介護保険負担限度額認定申請というサービスがあるようです。
介護保険施設を利用している世帯全員が市民税非課税といった場合に受けることのできるサービスになります。

また、生活保護を受けている世帯も、介護保険施設を利用する際に認定を受けると、施設の食費や居住費を軽減してもらえます。

そのために取らなければならない手続きですが、申請書を地方自治体役所に提出するということになるようです。

申請の期間ですが、施設の利用が決まったら、すぐに申請してくださいとのこと。

ですから、経済的に苦しいけれども介護保険施設を利用しなければならない状況にあるという家庭は、ぜひ、地方自治体に問い合わせてみてください。

そして、介護保険施設の食費は、ショートステイ利用の方にも負担してもらうことになったのだとか。

食費負担額は、所得によって、第一段階、第二段階、第三段階、第四段階と分けられているようです。
収入によってどこの段階になり、どのくらいの食費を負担しなければならないのかはインターネット上で調べることができるので、ぜひ、チェックを入れてみてください。

介護保険施設の食費は原則自己負担であり、低所得の家庭にとっては、かなりの負担となる場合もあるでしょう。

また、現在、様々な物が値上がりしていますから、施設の食費も家計を圧迫しかねません。

ですから、施設の食費について、利用者がチェックを入れるというのは当然といえば当然のことでしょう。
介護保険施設の食費についての情報は、インターネット上にもたくさん公開されています。
各地方自治体の運営するサイトにも、詳しく解説しているページがあるようですから、ぜひ、見てみてください。
posted by sakuragai at 10:01| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。