2008年10月07日

介護保険適用除外施設の理由

介護保険適用除外施設とは、介護保険が適用されない施設のことになります。

例えば、身体障害者療護施設や救護施設などがこれにあたるようです。

そして、この介護保険適用除外施設に入所している方は、介護保険法が当てはまらず、介護保険の被保険者になることができません。
ですから、知的障害などのある高齢者で、この施設を利用している方
は、介護サービスを受けられないということになるようです。

これは、介護保険適用除外施設において、介護サービスと同等のサービスを受けていると判断されるからなのだとか。

介護保険適用除外施設に入所している方は、「介護保険適用除外の手続き」をしなければならないようなので、各地方自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

確かに、介護保険適用除外の手続きを行うと、介護サービスを受けるといったことができません。
ただ、不要な介護保険料を支払うといったことを避けることもできます。

介護保険適用除外施設に入所していても、介護の認定を受けたという方もいるようで、認定を受ければ介護サービスを利用できる場合もあるのだとか。

しかし、自治体によってその判断が異なる様なので、やはり、自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

そして、介護保険適用除外施設から退所をした場合には、介護保険の被保険者となります。
ですから、施設を退所したといったときには、介護サービスを受けることができるようになります。

適用除外を申請する場合、その申請用紙はネットからダウンロードできるようです。是非ネットを活用してみてください。

何かしらの障害を持っていて、介護保険適用除外施設に入所している方の中には、介護サービスが気になるという方もいるでしょう。
また、その家族にとっても、介護サービスについて知りたいところなのではないでしょうか。

インターネット上には様々な情報が寄せられていますから、介護保険適用除外施設のこと、介護保険のことなどにチェックを入れてみてください。
posted by sakuragai at 10:13| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。