2008年10月07日

介護老人保険施設の利用法

介護老人保険施設は、介護を必要としているお年寄りをサポートしてくれる施設です。

介護保険制度が始まってから、この施設は、お年を召した方が自立した日常生活を送るためのサポート施設として、また、日常生活の復帰を目標として運営されています。

利用している高齢者の意思を重んじて、希望通りの生活が送れるように、サポートしてくれるのだとか。

また、リハビリテーションも行ってくれるので、体力や体の機能を回復させたりすることができるようです。

そして、早くに家庭に戻れるように、支援してくれるようですので、家で生活したいという希望を持っている高齢者は、介護老人保険施設を活用すれば、家への復帰も叶うかもしれません。

この施設は他の機関とも連携をしていて、トータル的にサポートしてくれるようです。

そして、介護を必要としている高齢者のみならず、その家族の介護負担にも配慮してくれるのだとか。家族の介護ケアの相談にも、は対応してくれるようです。

中には、介護うつになってしまう家族もいるようですから、介護をす
る家族にとっても、心強い施設だと思います。

介護をするにあたり、家族は様々な問題を抱えることになるかもしれません。
そのようなときに介護老人保険施設は、とても頼りになる存在でしょう。

この施設が行ってくれるサービスには、施設に入所して様々なケアを受けるサービスがあります。
ほかにも、短期に入所するという、ショートステイも行っています。
ですから、家族が何かしらの事情で介護不可能なときには、ショートステイを利用すると良いでしょう。

また、デイケアというサービスもあります。

家庭で介護をしている場合に、短時間ですが、介護老人保険施設へ行って高齢者に楽しんでもらうサービスになります。

デイケアでは、リハビリや食事サービス、入浴サービスも受けることができるようです。

介護を必要とする高齢者が快適に日々を過ごせるように、また介護している家族が介護疲れしないためにも、施設を賢く利用して欲しいと思います。
posted by sakuragai at 10:26| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。