2008年10月07日

介護保険施設の種類

介護保険施設には、いくつかの施設があるようです。

「指定介護老人福祉施設」、「介護老人保健施設」、「特定介護療養型医療施設」の3つに分けられます。

指定介護老人福祉施設とは、日常生活への復帰をすることを目標とし、食事や入浴、排泄といった介護を行ってくれます。

また、介護者の相談にのってくれたり、リハビリや健康管理なども、指定介護老人福祉施設は行ってくれるようです。

具体的には、老人福祉法に基づいた特別養護老人ホームのことになるでしょう。


そして、介護老人保健施設とは、上記の指定介護老人福祉施設同様、日常生活への復帰を目標としています。

ただ、看護師や医者、リハビリスタッフの数が多いというところに、特徴があるようです。

介護老人保健施設の利用料ですが、その施設に関わるスタッフの人数も多いということから、若干高めに設定されているのだとか。

リハビリなどが充実していますから、より、日常生活への復帰が望めると思います。


指定介護療養型医療施設とは、療養を必要とする方が入る施設となるようです。
通常、この施設には、病院が併設されています。

日常生活を送るために家に戻るというのには少々難しいといった方が利用する施設と言えるでしょう。


どの施設を利用するかは、どのくらいの医療を必要とするかによると思います。

家庭で日常生活を送ることを望んでいるのであれば、リハビリが充実しているところを選ぶと良いと思います。

また、家庭に戻ってきて欲しいのだけれどもなかなか介護が難しく、ある程度医療を必要とするのであれば、医療が充実している施設を選ぶと良いでしょう。

また、施設によっても、それぞれに特徴があると思います。
介護を受ける本人にとっても、また、介護をする家族にとっても、ベストな施設を選ぶと良いでしょう。
posted by sakuragai at 10:37| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。