2008年10月07日

介護保険施設の種類

介護保険施設には、いくつかの施設があるようです。

「指定介護老人福祉施設」、「介護老人保健施設」、「特定介護療養型医療施設」の3つに分けられます。

指定介護老人福祉施設とは、日常生活への復帰をすることを目標とし、食事や入浴、排泄といった介護を行ってくれます。

また、介護者の相談にのってくれたり、リハビリや健康管理なども、指定介護老人福祉施設は行ってくれるようです。

具体的には、老人福祉法に基づいた特別養護老人ホームのことになるでしょう。


そして、介護老人保健施設とは、上記の指定介護老人福祉施設同様、日常生活への復帰を目標としています。

ただ、看護師や医者、リハビリスタッフの数が多いというところに、特徴があるようです。

介護老人保健施設の利用料ですが、その施設に関わるスタッフの人数も多いということから、若干高めに設定されているのだとか。

リハビリなどが充実していますから、より、日常生活への復帰が望めると思います。


指定介護療養型医療施設とは、療養を必要とする方が入る施設となるようです。
通常、この施設には、病院が併設されています。

日常生活を送るために家に戻るというのには少々難しいといった方が利用する施設と言えるでしょう。


どの施設を利用するかは、どのくらいの医療を必要とするかによると思います。

家庭で日常生活を送ることを望んでいるのであれば、リハビリが充実しているところを選ぶと良いと思います。

また、家庭に戻ってきて欲しいのだけれどもなかなか介護が難しく、ある程度医療を必要とするのであれば、医療が充実している施設を選ぶと良いでしょう。

また、施設によっても、それぞれに特徴があると思います。
介護を受ける本人にとっても、また、介護をする家族にとっても、ベストな施設を選ぶと良いでしょう。
posted by sakuragai at 10:37| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護保険施設の比較

介護保険施設の比較を行って、家庭にいる高齢者に適したサービスを利用したいと考える人もいるでしょう。

まずどのような施設があるのか、把握してみましょう。

介護保険施設には、「介護老人福祉施設」、「介護老人保健施設」、「介護療養型医療施設」の3つがあります。

そして、この3つの施設を比較してみましょう。

介護老人福祉施設は、常に介護を必要とし、家庭での介護が難しい要介護者が利用する施設になります。

平均的な定員数は70人弱で、常駐している医師は1名、ケアマネージャー1名、看護師3名、介護職員20名、リハビリスタッフ1名といった構成になります。


介護老人保健施設は、症状が安定しており、介護やリハビリを必要とする要介護者が利用する施設になります。

平均的な定員数は90名弱、常駐している医師は1名、薬剤師が1名、看護師は9名、介護職員は21名、リハビリスタッフは1名といった構成になります。


そして、介護療養型利用施設は、病状が安定しており、療養上の介護やリハビリが必要な要介護者が利用する施設となります。

平均的な定員は約35名、常駐している医師は1名、非常勤の医師が2名、看護師が6名、介護職員は6名、ケアマネージャーは1名といった構成になります。


それぞれに看護師の数や介護職員の数が異なるようですから、よく比較して、利用すると良いでしょう。

そして、自宅にいる高齢者の症状によっても利用できる施設は異なるようですから、ぜひ確認して欲しいと思います。

また、当然ながら施設によって、設備やその広さなどが異なってきます。

各施設に関する情報は、ネット上にたくさん公開されています。

インターネットなら簡単に比較することができるでしょう。
ぜひ、自分の家族にぴったりな施設を選んで欲しいと思います。

介護をされる側にとっても、介護をする側にとっても、施設は日々の生活を送る上で、心強い味方になってくれると思います。
posted by sakuragai at 10:32| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護老人保険施設の利用法

介護老人保険施設は、介護を必要としているお年寄りをサポートしてくれる施設です。

介護保険制度が始まってから、この施設は、お年を召した方が自立した日常生活を送るためのサポート施設として、また、日常生活の復帰を目標として運営されています。

利用している高齢者の意思を重んじて、希望通りの生活が送れるように、サポートしてくれるのだとか。

また、リハビリテーションも行ってくれるので、体力や体の機能を回復させたりすることができるようです。

そして、早くに家庭に戻れるように、支援してくれるようですので、家で生活したいという希望を持っている高齢者は、介護老人保険施設を活用すれば、家への復帰も叶うかもしれません。

この施設は他の機関とも連携をしていて、トータル的にサポートしてくれるようです。

そして、介護を必要としている高齢者のみならず、その家族の介護負担にも配慮してくれるのだとか。家族の介護ケアの相談にも、は対応してくれるようです。

中には、介護うつになってしまう家族もいるようですから、介護をす
る家族にとっても、心強い施設だと思います。

介護をするにあたり、家族は様々な問題を抱えることになるかもしれません。
そのようなときに介護老人保険施設は、とても頼りになる存在でしょう。

この施設が行ってくれるサービスには、施設に入所して様々なケアを受けるサービスがあります。
ほかにも、短期に入所するという、ショートステイも行っています。
ですから、家族が何かしらの事情で介護不可能なときには、ショートステイを利用すると良いでしょう。

また、デイケアというサービスもあります。

家庭で介護をしている場合に、短時間ですが、介護老人保険施設へ行って高齢者に楽しんでもらうサービスになります。

デイケアでは、リハビリや食事サービス、入浴サービスも受けることができるようです。

介護を必要とする高齢者が快適に日々を過ごせるように、また介護している家族が介護疲れしないためにも、施設を賢く利用して欲しいと思います。
posted by sakuragai at 10:26| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護保険施設サービスを賢く利用

介護保険施設のサービスについて知りたいという人は多いと思います。

高齢者の増加に伴い、介護を受ける側にとっても、介護をする側にとっても介護保険施設のサービスは、大変気になるところでしょう。

こういった施設には、いくつかあり、様々なサービスが受けられるようになっています。

まず、自宅に居ながらにして訪問によるサービスを受けることのできる介護保険施設があります。
このような施設を利用してサービスを受ければ、自宅で生活したいという高齢者の希望を叶えながら、介護する家族の負担を減らすことができるでしょう。

施設に通う、あるいは短期間入所といったサービスを提供している施設もあります。

介護保険施設は、デイサービスやデイケア、ショートステイといったサービスを提供してくれます。
リハビリを受けることもできますし、家族が何かしらの事情で介護ができないときに短期入所をすることのできるところもあるようです。

そして、特別養護老人ホームや老人保健施設、介護療養型医療施設といった、介護保険施設もあります。

このような介護保険施設のサービスは、要介護1以上の認定を受けている方が受けられるサービスになります。
治療をメインとしたサービスを利用するのか、介護をメインとするのかなどで施設を選ぶことができるようです。

家族の介護負担を軽減するためにも、このようなサービスを受けることを検討されてみてはいかがでしょうか。

また、地域に密着したサービスを提供している介護保険施設もあります。

地域密着型の介護保険施設には、夜に訪問をしてくれるサービスを提供しているところや、通いながらリハビリや入浴ができるところなどがあります。
また、グループホームも地域密着型の施設となるようです。

リハビリのサービスが充実している介護保険施設は、日常生活が送れるように機能回復訓練をしてくれると思います。

施設のサービスだけでなく、スタッフの数などを参考にして施設を選ぶというのも良いでしょう。

また、入所するというスタイルで施設を利用するのであれば、自宅近くの施設を選ぶと、家族が頻繁に顔を見せやすくなるでしょう。

ぜひ、ネットを活用して情報を収集し、介護する側にとっても、介護される側にとってもベストな施設を選んで欲しいと思います。
posted by sakuragai at 10:20| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護保険適用除外施設の理由

介護保険適用除外施設とは、介護保険が適用されない施設のことになります。

例えば、身体障害者療護施設や救護施設などがこれにあたるようです。

そして、この介護保険適用除外施設に入所している方は、介護保険法が当てはまらず、介護保険の被保険者になることができません。
ですから、知的障害などのある高齢者で、この施設を利用している方
は、介護サービスを受けられないということになるようです。

これは、介護保険適用除外施設において、介護サービスと同等のサービスを受けていると判断されるからなのだとか。

介護保険適用除外施設に入所している方は、「介護保険適用除外の手続き」をしなければならないようなので、各地方自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

確かに、介護保険適用除外の手続きを行うと、介護サービスを受けるといったことができません。
ただ、不要な介護保険料を支払うといったことを避けることもできます。

介護保険適用除外施設に入所していても、介護の認定を受けたという方もいるようで、認定を受ければ介護サービスを利用できる場合もあるのだとか。

しかし、自治体によってその判断が異なる様なので、やはり、自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

そして、介護保険適用除外施設から退所をした場合には、介護保険の被保険者となります。
ですから、施設を退所したといったときには、介護サービスを受けることができるようになります。

適用除外を申請する場合、その申請用紙はネットからダウンロードできるようです。是非ネットを活用してみてください。

何かしらの障害を持っていて、介護保険適用除外施設に入所している方の中には、介護サービスが気になるという方もいるでしょう。
また、その家族にとっても、介護サービスについて知りたいところなのではないでしょうか。

インターネット上には様々な情報が寄せられていますから、介護保険適用除外施設のこと、介護保険のことなどにチェックを入れてみてください。
posted by sakuragai at 10:13| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護保険施設の利用料

介護保険施設の利用料が気になる人もいるのではないでしょうか。

年金から支払える範囲の金額なのか、とても心配されている方もいると思います。

介護保険施設の平均的な利用料ですが、とある自治体では月々約8万円になるようです。

居住費と食費、そして、介護保険の一割負担を合わせた利用料で、相部屋を参考にして割り出しているのだとか。

このほかに、介護保険が適用されない生活費が別にかかってくるようです。
こうしてみると、決して利用料は低くはないように思います。

もしも相部屋は嫌だといった場合、この金額よりもさらに高くなるでしょう。

そして、介護保険施設の利用料には、光熱費や室料といったものもかかってくる場合もあると思います。

ただ、当然各施設によって利用料は異なっているようですから、この
金額が絶対というわけではありません。
自分の住んでいる地方自治体に利用料を問い合わせてみると良いでしょう。

私の知り合いのところにも寝たきりの高齢者の方がいらして、介護保険施設の利用を検討されていた時期があります。
私は、たまたま、ケアマネージャーと呼ばれる方がその家を訪問しているときに出くわしてしまったのですが、その利用料で、友人は頭を抱えていました。

なんでも、月々7万円かかると言われたのだとか。
私の友人の世帯は一般的な世帯なので、利用料の軽減負担を受けられない状態でした。
とにかく、月々7万円は払えないと嘆いていましたね。

ただ、結局のところ、あまりの介護疲れに施設を利用することにしたのだとか。

介護保険施設の利用料は、大変家計を圧迫するかもしれません。
もしも負担軽減措置を受けられるのであれば、それを活用した方が良いと思います。

これから、高齢者の方は一層増加すると考えられていて、介護保険施設の利用者も増加するとされています。

どんなに利用料負担が重いとしても、介護疲れで家族が倒れてしまっては、楽しい生活は送れなくなってしまうでしょう。
ぜひ、利用料を比較検討して、賢く利用して欲しいと思います。
posted by sakuragai at 10:07| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食費の軽減方法

介護保険施設の食費は大変気になるところでしょう。

三度の食事にかかる費用がかさんでしまうと、施設を利用することが難しくなってしまう場合もあるかもしれません。

介護保険施設の居住費や食費は、基本として自己負担となります。
食費は、保険給付の対象外となるからです。

ただ、地方自治体では、介護保険施設の食費や居住費について、負担を軽減する処置が取られているようです。

とある地方自治体では施設の食費や居住費に、介護保険負担限度額認定申請というサービスがあるようです。
介護保険施設を利用している世帯全員が市民税非課税といった場合に受けることのできるサービスになります。

また、生活保護を受けている世帯も、介護保険施設を利用する際に認定を受けると、施設の食費や居住費を軽減してもらえます。

そのために取らなければならない手続きですが、申請書を地方自治体役所に提出するということになるようです。

申請の期間ですが、施設の利用が決まったら、すぐに申請してくださいとのこと。

ですから、経済的に苦しいけれども介護保険施設を利用しなければならない状況にあるという家庭は、ぜひ、地方自治体に問い合わせてみてください。

そして、介護保険施設の食費は、ショートステイ利用の方にも負担してもらうことになったのだとか。

食費負担額は、所得によって、第一段階、第二段階、第三段階、第四段階と分けられているようです。
収入によってどこの段階になり、どのくらいの食費を負担しなければならないのかはインターネット上で調べることができるので、ぜひ、チェックを入れてみてください。

介護保険施設の食費は原則自己負担であり、低所得の家庭にとっては、かなりの負担となる場合もあるでしょう。

また、現在、様々な物が値上がりしていますから、施設の食費も家計を圧迫しかねません。

ですから、施設の食費について、利用者がチェックを入れるというのは当然といえば当然のことでしょう。
介護保険施設の食費についての情報は、インターネット上にもたくさん公開されています。
各地方自治体の運営するサイトにも、詳しく解説しているページがあるようですから、ぜひ、見てみてください。
posted by sakuragai at 10:01| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有料老人ホーム

介護保険特定施設とは、どのようなところなのか、どのようなサービスを提供してくれるのか、知りたいという方もいるのではないでしょうか。

介護をしてくれるケアハウスやや有料老人ホームが、介護保険特定施設になるようです。

介護保険特定施設では、入浴や食事、排泄といった介護などを行ってくれます。
また、日常生活を送る上で必要となる体の機能の訓練なども行ってくれるようです。

介護保険において、介護保険特定施設は住居と位置づけられています。
介護保険特定施設である有料老人ホームには、様々なホームがあります。
介護保険において入所者の介護を認められている有料老人ホーム、また、介護が必要となった場合には介護を受けられる施設へと移動する有料老人ホームもあるようです。

そして、有料老人ホームには、普段は住宅として住み、介護が必要となったら訪問介護などを受けることのできるところもあるのだとか。
ですから、有料老人ホームを選ぶ際には、自分がどのようなサービスを必要としているのかを良く考えて選ぶと良いでしょう。

また、介護する家族が有料老人ホームを選ぶ場合もあると思います。
自宅から近い有料老人ホームなどを選べば、家族が頻繁に通うことができるので、高齢者も寂しい思いをしなくても済むかもしれません。

有料老人ホームの気になる利用料ですが、入居一時金として数百万円必要になる場合もあるようです。
我が家にも有料老人ホームのチラシが入ってきたりするのですが、それを見ると、決して安い費用ではないと思ってしまいます。
それに加えて、月々の費用がかかるようです。

ですから、有料老人ホームを選ぶ際には、慎重になったほうが良いと思います。
以前、有料老人ホームの経営が難しくなってしまい、そこに住んでいた高齢者の受け入れ先を探すのが大変だというようなことがあったように記憶しています。
このようなことを避けるためにも、有料老人ホームを選ぶ際には、様々な情報を集めることをお薦めします。

今はインターネットの時代ですから、ネットを活用すれば有料老人ホームについての情報も、簡単に収集できると思います。

有料老人ホームを選ぶ際のポイントですが、何よりそこに住んでいる高齢者が楽しく暮らしていることが重要でしょう。
posted by sakuragai at 09:55| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実地指導マニュアル

介護保険施設の実地指導マニュアルに基づいた手引書が、インターネット上で販売されているのをご存知でしょうか。

近頃、介護保険制度の指導監督は全面的に変わり、それに基づいて介護保険施設の実地指導マニュアルも変更になった箇所があるようです。

その実地指導マニュアルを、丁寧に分かりやすく解説してくれているのが手引書になります。

介護保険施設実地指導マニュアルに基づいた手引書には、運営指導や報酬請求、報酬加算や減算適用要件などが書かれているようです。

インターネット上にこの実施指導マニュアルは公開されていますから、誰でもを見ることができるのです。
ですが、中には、難しすぎて内容がよく分からないといった方もいるのではないでしょうか。

だからこそ、実地指導マニュアルを丁寧に分かりやすく解説した「手
引書」が登場するのでしょう。
この手引書を見れば、どのように指導監督していけばよいのか、とても参考になると思います。

また、実地指導マニュアルの手引書は、介護に携わる仕事をしている人に限らず、利用している方にも参考になるのではないでしょうか。

どのように介護保険施設が運営され、スタッフが指導されているのかを理解できると思います。
介護保険施設を利用するときに、安心して利用できるのではないでしょうか。

介護保険施設実地指導マニュアルの手引書は、ネット上で販売されています。
ネット通販を利用すれば、自宅にいながらにして購入することができます。
様々なネット上の書店で販売されていますから、自分がよく利用しているネット書店にも置いてあるかもしれません。
自分が良く利用しているネット書店で手に入れれば、支払い方法なども分かっていますから、大変便利でしょう。

介護保険施設という現場で働いている方は、大変忙しいことでしょう。
大変忙しいからこそ、自分の都合に合わせて利用できるネット書店はとても重宝すると思います。

ぜひ、ネット書店をチェックして、介護保険施設実地指導マニュアルの手引書を手に入れ、指導あたって欲しいと思います。
posted by sakuragai at 09:47| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護保険施設の指定基準

介護保険施設の指定基準について知りたい方もいるでしょう。

介護保険施設には、施設の設備やスタッフの数、運営といった基準が設けられています。

最初にその種類ですが、介護保険施設には「介護老人保健施設」、「介護老人福祉施設」、「介護療養型医療施設」の3種類があります。

まず、介護老人保健施設は、介護保険法に基づいた開設許可が必要で、施設で必要となる医療は、介護保険を使うことができるようです。
入院をして治療をするほどでもないが、リハビリや介護を必要とする方が利用する施設になります。

この介護保険施設の指定基準ですが、療養室に関しては、一人当たり畳で換算すると約5畳以上の広さを必要とするようです。

訓練室は一人当たり1畳弱、談話室や食堂は一人当たり2畳弱を確保するように指定基準を設けられています。

人員指定基準は、そこを利用している方百人につき、常に常駐している医師が最低一人、看護師を最低九人確保していなければならないようです。

そして、介護をしてくれる職員は最低二十五人、リハビリスタッフ最低一人、ケアマネージャー最低一人を、この施設は確保しないといけないようです。


次に「介護老人福祉施設」ですが、老人福祉法で認められた特別養護老人ホームになります。

特別養護老人ホームでは、そこで受けた医療の全てに医療保険が使えるようです。
この施設を利用できる方は、常に介護を必要としていて、自宅での生活が難しい状態の要介護者になります。

特別養護老人ホームの指定基準ですが、居室は一人当たり約6畳を確保することになっているようです。

医務室や食堂、リハビリ室は2畳弱という指定基準が決められています。
ただ、食堂とリハビリ室は、支障がなければ同じ場所で行っても良いとされているようです。

介護保険施設の指定基準は、その施設によって異なってきます。
介護スタッフの数も、この指定基準によって決められています。
ですから、どこの施設を利用しようか検討するときに、指定基準を参考にすると良いかもしれません。

介護保険施設の指定基準はネット上に公開されていますから、一度、チェックを入れてみてはいかがでしょうか。
posted by sakuragai at 09:37| 介護保険施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。